洗顔剤をはじめとするスキンケア商品の中には、界面活性剤が配合されているものがあります。これは洗浄力と大きな関係がある成分で、油をシッカリ洗い落としてくれる洗浄成分と考えて良いでしょう。界面活性剤が入っている洗顔剤を使うと、使用感がさっぱりするので気持ちよいというメリットがありますが、肌の表面に残っている皮脂や汚れだけでなく、肌表面が必要としている皮脂までも取りすぎてしまうため、肌が乾燥しやすくなってしまうというデメリットもあります。

 

オイリー肌の人ならそれでも内側からどんどん皮脂が分泌されるので肌質が劣化してしまう心配はありません。しかし、もともと乾燥しやすい肌や敏感肌の人が界面活性剤を使ってしまうと、肌表面のオイルが取れすぎてしまって肌が乾燥し、水分がどんどん蒸発してバリア機能が低下して、さらにトラブルを起こしやすい肌質へとなってしまうので注意が必要です。

 

ルナメアACには、界面活性剤は入っていません。しかし、毛穴の中にこびりついている皮脂や汚れをスッキリ取り落とす作用を持つファイバースクラブ成分が配合されているので、ニキビの原因となる毛穴の汚れはすっきりと洗い流すことができます。ファイバースクラブという成分は、富士フィルムが独自に開発した成分で、肌に負担をかけることなく優しく毛穴の中の汚れや皮脂を取ることができるという優秀な成分です。これまで、ピーリングやスクラブ系のニキビ用洗顔剤を使うと肌トラブルがひどくなってしまっていたという人にとっては、ルナメアACを使うことによって大きなニキビ改善効果や肌質改善効果が期待できます。

 

これまで界面活性剤に慣れていた人にとっては、使い始めの頃はなんとなく物足りないような気がするかもしれません。しかし、それまでのさっぱりした洗い上がりという感じは、肌が必要な皮脂まで取り除いてしまっていたということなので、ルナメアACの洗い上がりになれればお肌にとってどのぐらいの感じが良いのかを知ることもできます。

 

ルナメアACのさらなる詳細はこちら!